TEL:0573-62-1228
〒508-0004 岐阜県中津川市花戸町1-17

中津川市花戸町の動物病院 エリー動物病院

拡張型心筋症

院内ツアー
フィラリア予防について

求人案内

上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

友だち追加

LINE@始めました

facebook

当院Facebookページも
御覧ください

クレジット各種カード
ご利用になれます。

家族だから。ペット保険 どうぶつ健保対応医療機関 アニコム損害保険株式会社

当院はアニコム
健保対応医療機関です。

アイペットペット保険対応動物病院

口コミサイト

vaccicheck
院内でワクチンの予防効果が確認できるようになりました。

HOME»  病気のはなし»  拡張型心筋症

拡張型心筋症

拡張型心筋症は、心臓の筋肉が薄くなり、血液を送り出す心室内腔が拡張し、心臓のポンプ能力が低下してしまう病気です。テレビドラマの医龍で有名になった病気でもあるためご存じの方もいるかもしれません。
拡張した心臓からは全身に十分な血液が送り出せなくなるだけでなく、心臓に血液が滞ることでうっ血性心不全
肺水腫・胸水・腹水)を引き起こし、命にかかわることがある重篤な疾患です。

 

正常の心臓のイラストです

 

出典:日本ヒルズコルゲート株式会社

拡張型心筋症の心臓のイラストです
心臓の筋肉は薄くなり
内腔が拡張しています

ヒトと同様にわんちゃん、ネコちゃんでもみられますが、ここではネコちゃんの場合についてお話します。

お年をとるに従ってみられることが多くなりますが、若い子でみられることもあります。
遺伝的にアビシニアンやシャムなどで多いとされますが、他の猫種や雑種の子でも発生が見られます。
栄養学的にタウリンの不足がこの病気に深く関わることもわかっています。近年のキャットフードには十分なタウリンが含まれるようになっていますが、キャットフード以外のご飯(人のご飯やドッグフード、お魚だけなど偏った食事)を食べている場合には注意が必要です。

肥大型心筋症と同様に、厄介なのは目立った症状がないまま進行することが多く、症状が出る前に気づきにくいにも関わらず、重篤な症状を急に呈して亡くなってしまうことも残念ながら珍しくありません。
聴診での心雑音が病気を発見する手助けになることがあるため、定期的な受診時にしっかりとした診察をさせて頂きたいと思います。
 

症状

元気がない、食欲がない、疲れやすい、
重篤な場合では、急にぐったりする、腹水が溜まりお腹が張る、胸水が溜まり呼吸が苦しい、など
肺水腫という命に関わる呼吸困難を生じることもあります。
うっ血で拡張した左心房内に血液が滞ることで血栓が形成され、後ろ足などの血管に詰まる『血栓塞栓症』を引き起こすこともあります。
ただし、こうしたはっきりした症状が出ないことも多いため非常に厄介な病気といえます。

検査

症状がないまま進行していることがありうるため、健康診断としての検査が重要です。
心臓の超音波検査X線検査が最も診断につながりやすく、心筋症に伴う心機能の変化やうっ血の程度も確認できるため非常に有効な検査手段です。
この他、血液検査による心臓のバイオマーカー測定も可能であり、健康診断などの血液検査時に合わせてチェックさせて頂けるとより効果的です。

<レントゲン検査>
負担のかかった心臓は大きくなるため、その拡大の程度や形の変化を確認します。
肺に水がたまる肺水腫や、胸の中に水が溜まる胸水の有無も確認が可能です。

 

X線検査です

心臓は丸く大きくなり
胸水の存在も確認できます
(胸水は抜去後のため少量です)

<超音波検査>
超音波検査は心臓の内部を詳細に確認できます。
筋肉の厚さを確認することと収縮力の評価が診断のためには最も重要ですが、、
うっ血所見の有無や血栓の元となる『もやもやエコー』の確認など様々な部分の評価を行います。

左心室の筋肉が薄くなり(
左心房も大きく拡張しています(

 

心臓を輪切りにした画像です
心筋壁の薄さと
左心室内腔の拡張(
収縮能力の低下が確認できます(

治療

この病気の治療は一筋縄ではいきません。
この病気の子がみんな同じ治療で大丈夫というわけではないのです。
うっ血の程度、現在の収縮力の程度、血栓を示唆する所見や不整脈の有無、心拍数、血圧、呼吸状態、腎臓病など心臓以外の疾患の存在など様々な所見から、その子に合わせた治療の組み立てが必要です。
肺水腫や胸水、血栓症が存在する場合には、それらへの対応も必要です。

治療薬には、降圧剤や利尿剤、抗不整脈薬、強心剤や血栓形成予防のための薬など様々なものがあります。
病態を把握し、この中から何をどれくらいの量で使用するかを慎重に選択します。
そして、一度治療をスタートすればもう大丈夫、というわけでもありません。
初期には細かい調整が必要となりますし、安定してきたとしても日々進行していく病態に合わせて定期チェックと治療の調整が必要です。

この病気は、はっきりとした症状がないまま水面下で進行して見つかりにくいにも関わらず、命にかかわる症状が急に生じることがあるとても厄介な疾患です。
実際にこの病気が診断されるのは残念ながら重篤な症状が発症してからになることもあり、見つかった時点ではかなり進行していることも少なくありません。

写真の子の場合も、最初に診察させて頂いた時にはかなり病態も進行し、胸水が溜まり、心臓内にも血栓の元になる血液の塊ができてしまっている状態でした。
すぐに胸水を抜き、その後は病状に合わせて飲み薬を調整しながら継続して頂いていますが、落ち着いて自宅で過ごすことができています。

また、この病気は自宅で一緒に過ごしていても見ていることも辛くなるような症状を引き起こします。
進行して変化してしまった心臓の形や機能を元に戻すことは困難ですが、自宅での時間を、辛くない状態で、より安心して、より長く過ごせるようにお手伝いをさせて頂きたいと思っています。

そして、この病気への最善の対応策はやはり早期診断です。
早期診断には定期的な画像検査が重要です。おうちのネコちゃんがもしかしたら抱えているかもしれない病気を診断し、急な症状の発現を防ぐため是非検査をご検討下さい。

なお、既に病態が把握できている子、他院で疑いがあるとの話を受けたことのある子でも治療や日常生活に関するご不安があることと思います。
当院でもしっかりとお話をさせて頂き、病態の把握と状態に合わせた治療プランの提案をしておりますのでご心配のある場合にも遠慮なくご相談下さい。