甲状腺機能低下症

  • HOME
  • 甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症とは、甲状腺から分泌されるホルモンの量が減少する疾患です。
甲状腺ホルモンは代謝に密接に関わっており、元気や食欲、毛質などに大きく影響します。
この病気はわんちゃんに多く認められます。

甲状腺自体の分泌能が低下する原発性の甲状腺機能低下症が約95%とされ、 多くがリンパ球性甲状腺炎または特発性甲状腺萎縮が原因です。
その他にも甲状腺腫瘍や、甲状腺ホルモンを制御する下垂体の障害による 二次性の甲状腺機能低下症などもみられることがあります。

症状

代謝が低下するため、元気がない、体温が低い、寒さに弱い、太りやすいといった症状から、 皮膚の症状(脱毛、毛艶が悪い、皮膚炎を起こしやすい、ふけが増えた、など)も見られます。

その他、徐脈、顔面神経麻痺、巨大食道症、貧血、高コレステロール血症、 悪化すると神経症状(昏睡)を引き起こすこともあり、命に関わる可能性のある病気です。

甲状腺機能低下症
甲状腺機能低下症
甲状腺機能低下症のあるわんちゃんです
毛質が硬くゴワついています
細菌感染を起こしやすく皮膚炎にも長く悩まされていました
表情も淋しげです

治療

基本的には甲状腺ホルモン製剤の内服が選択肢となります。
内服薬投与時には副反応(呼吸促迫・興奮・多飲多尿・多食など)がみられることもあるため、 少ない量から開始し、徐々に用量を上げていきます。
また、定期的にホルモン濃度を測定し、投与量の調整を行う必要があります。

その他、甲状腺腫瘍が原因の場合には化学療法や手術、放射線療法が適応となることがあります。

甲状腺機能低下症
内服薬を開始し、皮膚症状は顕著に改善しました
表情にも明るさが出てお散歩も元気いっぱいに歩くようになってくれました

この病気の症状は、年をとってきたから仕方がないと思われがちな症状でもあるため 治療方法のある病気だと気付かれずに諦めてしまっている場合もよくあります。
年だから仕方がないと諦める前に、是非一度ご相談下さい。
当院では甲状腺ホルモン濃度が院内で測定可能なため、結果のお伝えと治療が即座に開始できます。
検査を待つ間のご不安も解消できるためご好評いただいています。

病気のはなし一覧へ戻る

お問い合わせ

当院は飼い主様とペットに親しまれ信頼されるホームドクターを目指しております。
些細なことでもお気軽にご相談ください。

TEL0573-62-1228

〒508-0004 岐阜県中津川市花戸町1-17

[診療科目]
一般内科、軟部外科、膝蓋骨脱臼、循環器科、呼吸器科、整形外科、消化器科、皮膚科、脳神経科、内分泌科、泌尿生殖器科、血液免疫疾患科、筋骨格系疾患、眼科、耳鼻科、歯科、救急診療科、その他

[診療時間]
9:00~12:00 / 16:00~19:00

[休診日]
月曜日、日曜日午後、祝日午後、第2・第4木曜日午後