歯石・歯肉炎・歯周炎

  • HOME
  • 歯石・歯肉炎・歯周炎

わんちゃんやネコちゃんの歯みがきは難しいことも多く、年を取るとともに歯石は付着し、歯肉炎や歯周炎は強くなっていきます。
若い子でも乳歯が抜けずに残っている場合には、永久歯との間に歯垢が溜まる原因になります。

歯石・歯肉炎・歯周炎

上の犬歯が2本あります。
後ろ側の小さい歯が抜けずに残っている乳歯です。
この子の場合は去勢手術の時に同時に抜歯を行いました。

また、ネコちゃんの場合は白血病ウイルスや免疫不全ウイルスが関与していることもあります。

症状

歯に汚れが付いてきた、口の中が赤い、口が臭う、涎が多い、歯がグラグラする、くしゃみが出る、鼻血が出る、ドライフードを嫌がるようになった、など

重症化すると、炎症は歯肉から歯周囲組織に波及し、歯槽骨も溶けていきます。
歯槽骨が溶けてできた溝は歯周ポケットと呼ばれ、更に歯垢が付着して細菌も増殖し歯周炎を悪化させる温床となります。
また、口の中の問題だけではなく、常に大量の細菌と炎症を抱えていることにより、肝臓や心臓などに悪影響を及ぼし全身状態にも関わってきます。

治療

軽度の場合には、日常的な歯みがきで歯垢を取り除く、関連する細菌の増殖を抑えたり炎症を抑えることを目的としたサプリメントなどの投与で改善することもあります

しかし、歯石の付着が重度の場合にはそのような方法で解決することは困難で、全身麻酔下での歯石除去が必要となることも少なくありません。
(無麻酔での歯石除去が行われることもありますが、痛みや恐怖を伴い、口を触られることが嫌になってしまう結果、歯みがきなど自宅でのケアがより困難になることもあります。
また、予期せず歯が抜け出血が止まらない、顎の骨が折れてしまう、といった弊害も起こりえます。)

そうした心配からも、当院では必要な場合には全身麻酔下での歯石除去をお勧めしています。。
専用の歯石除去装置を用いて歯石を取り除いた上で、ルートプレーニングやポリッシングという表面を磨き、滑らかにする処置を行います。。
不要なストレスをかけることなく、全ての歯を裏側まで含めてキレイにすることができ、更に、処置以降の歯石の付着を軽減することもできます。また、歯周ポケットの深さなどを評価し、必要に応じて安全に抜歯を行うことも可能です。

歯肉炎・歯周炎を軽減し、元気においしくご飯が食べられるよう、歯石除去もひとつの方法として検討してみてください。
勿論、麻酔をかけずにできる歯のケアについてもお話していますので、まずはご相談下さい。

※全身麻酔は全くリスクが無いわけではありませんが、しっかりと術前検査を行い、麻酔に伴うリスクを把握、予測することでその危険性は大きく軽減されます。 当院ではより安全な全身麻酔を可能にするため、術前検査をお勧めしています。

歯石・歯肉炎・歯周炎
歯石が多く付着し、歯肉は赤く炎症を起こしています。
歯石・歯肉炎・歯周炎
処置後は表面もつるつるになり、以降の歯垢の付着も軽減されます。

病気のはなし一覧へ戻る

お問い合わせ

当院は飼い主様とペットに親しまれ信頼されるホームドクターを目指しております。
些細なことでもお気軽にご相談ください。

TEL0573-62-1228

〒508-0004 岐阜県中津川市花戸町1-17

[診療科目]
一般内科、軟部外科、慢性腎臓病、循環器科、呼吸器科、整形外科、消化器科、皮膚科、脳神経科、内分泌科、泌尿生殖器科、血液免疫疾患科、筋骨格系疾患、眼科、耳鼻科、歯科、救急診療科、その他

[診療時間]
9:00~12:00 / 16:00~19:00

[休診日]
月曜日、日曜日午後、祝日午後、第2・第4木曜日午後