子宮蓄膿症

  • HOME
  • 子宮蓄膿症

数日前から元気や食欲がなくなってきたとのことで来院されたわんちゃんです。
検査の結果、子宮に膿が溜まってしまう子宮蓄膿症という病気でした。

避妊手術をしていない女の子の場合、この病気になってしまうリスクは常に伴います。
発情出血後の1〜2ヶ月ほどは子宮に細菌感染が成立しやすい状態のため特に注意が必要です。

お腹の中に膿の詰まった袋があるため、全身に細菌の毒素がめぐってしまう可能性や、膿の溜まった子宮が破裂し、命に関わるリスクもある非常に危険な状態です。

自宅での処置は危険も伴うためあまりお勧めできません。
まずはお電話でご相談下さい。

症状

元気がない、食欲がない、水を飲む量が多い、おしっこの量が多い陰部から膿が出てくる、嘔吐、下痢、など

治療

軽度やごく初期の場合には抗生剤の投与でしのげる場合もありますが、基本的には手術での子宮卵巣摘出術が適応となります。
この子の場合も状態を整えた後、手術を実施しました。
子宮は膿が溜まって膨らんでおり、破裂はしていませんでしたがお腹の中では腹膜炎も起きていました。
子宮と卵巣を摘出することで病気の原因を取り去った後、点滴など治療を継続して入院し、数日後には元気に退院できました。

子宮蓄膿症

超音波検査です
お腹の中に液体の溜まった袋がみえます

この病気は避妊手術により確実に防ぐことのできる病気です。
避妊手術をしなければ必ずこの病気になってしまうという訳ではありませんが、起こった場合には命に関わります。
また、薬や手術で症状が改善するとしても、動物たちに辛い思いをさせてしまう病気です。
お年をとってから命に関わる病気が起こるリスクを確実に減らし、元気に長生きできるよう、避妊手術をご検討下さい。

病気のはなし一覧へ戻る

お問い合わせ

当院は飼い主様とペットに親しまれ信頼されるホームドクターを目指しております。
些細なことでもお気軽にご相談ください。

TEL0573-62-1228

〒508-0004 岐阜県中津川市花戸町1-17

[診療科目]
一般内科、軟部外科、腫瘍科、循環器科、呼吸器科、整形外科、消化器科、皮膚科、脳神経科、内分泌科、泌尿生殖器科、血液免疫疾患科、筋骨格系疾患、眼科、耳鼻科、歯科、救急診療科、その他

[診療時間]
9:00~12:00 / 16:00~19:00

[休診日]
月曜日、日曜日午後、祝日午後、第2・第4木曜日午後