肺水腫

呼吸が苦しそうとのことで来院されたわんちゃんですが、肺水腫という病気でした。
肺は本来、空気を含んでおり、呼吸により体に酸素を取り込む役割を果たしています。
この肺に水が溜まってしまうのが肺水腫という病気です。
原因は様々ですが、わんちゃんネコちゃん共に、心臓が原因で起こることがほとんどです。
この子の場合も心臓の弁に不具合が生じて血液が逆流してしまう、僧帽弁閉鎖不全症という病気が原因でした。
命に関わる病気であるため、緊急の治療が必要です。

肺水腫
左心房(LA)および左心室(LV)が顕著に拡張しています
肺水腫
僧帽弁逆流による血液の乱流が認められます
肺水腫
左心房は顕著に拡大しています
肺水腫
左室の流入速度からも重症度を判定します

症状

呼吸が荒い、咳が出る、舌の色が真っ青(チアノーゼ)、ぐったりしている、など

治療

酸素室で入院し、病態に合わせて利尿剤や降圧剤、強心剤などの投薬を行います。
心臓や肺のうっ血を軽減し、肺から水が抜けて呼吸が楽になるまでは入院が必要です。
また、退院後も内服薬の継続が必要で、心臓や腎臓などの内臓機能の変化に合わせて細かい調整が必要になるため、定期的な診察をお勧めしています。

Before
本来黒く見えるはずの肺に水が溜まり真っ白になっています
fter
治療により肺の透過性に顕著な改善がみられました

病気のはなし一覧へ戻る

お問い合わせ

当院は飼い主様とペットに親しまれ信頼されるホームドクターを目指しております。
些細なことでもお気軽にご相談ください。

TEL0573-62-1228

〒508-0004 岐阜県中津川市花戸町1-17

[診療科目]
一般内科、軟部外科、肺水腫、循環器科、呼吸器科、整形外科、消化器科、皮膚科、脳神経科、内分泌科、泌尿生殖器科、血液免疫疾患科、筋骨格系疾患、眼科、耳鼻科、歯科、救急診療科、その他

[診療時間]
9:00~12:00 / 16:00~19:00

[休診日]
月曜日、日曜日午後、祝日午後、第2・第4木曜日午後